SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アクロニス、「Acronis Backup ストレージバンドルライセンス」をリリース

 企業において、バックアップ対象であるサーバーの運用形態はオンプレミスから仮想化、クラウドと形を変え、多様化している。また、取引に関連したドキュメントや報告書類、顧客とやり取りしたメールなど、数多くの重要な業務データが保存されているクライアントPCのバックアップは重要な課題になっている。その一方で、バックアップをすべきデータの量は日々増大しているため、バックアップソフトおよびストレージにかかるコスト増加が問題になっているという。

 「Acronis Backup ストレージバンドルライセンス」は、ストレージの容量に合わせてAcronis Backupストレージバンドルライセンスを購入することができ、途中で容量を追加することも可能だ。

 ストレージバンドル専用として新しい価格体系となっているため、自社のサイズに合わない高額な大容量のバックアップアプライアンスなどを導入する必要はない。PC、物理サーバー、仮想マシンを台数無制限でバックアップすることができ、バックアップデータ以外のデータもストレージに保存できる。また、管理サーバーも任意のロケーションに展開が可能だという。

 ■製品概要

  • 対象のストレージメーカー:NetApp、EMC
  • ストレージ容量(RAW容量):最小容量:4TB、最大容量:無制限

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11251 2018/10/04 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング