EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NEC、操作ログから作業の流れや操作内容・所要時間を可視化するソリューションなどRPAサービスの拡充を発表

  2018/10/22 13:45

 NECは、効果的なRPA運用を提案する「NEC業務改善ソリューション 業務分析サービス」を2019年2月から提供開始するなど、企業における働き方改革を推進するRPA(Robotic Process Automation)ソリューションの拡充を発表した。

 「NEC業務改善ソリューション 業務分析サービス」は、パソコン業務の操作ログから作業の流れや操作内容、所要時間を可視化することで、RPA適用候補業務を抽出し、効果的なRPA運用を提案するもの。

 また、このサービスで利用する業務の操作ログを可視化・分析する機能と、700社以上の利用実績のあるRPA製品「NEC Software Robot Solution」を組み合わせ、「NEC Software Robot Solution 業務分析パック」として、2018年12月よから販売する。

 さらに、RPAのパートナーリングを拡大し、NECグループ内業務で利用するRPAの一覧にUiPath(ユーアイパス)社製RPA製品を追加し、運用を開始した。これらのNECグループ内での実証成果を付加価値とし、同社製品の取り扱いを10月22日から開始する。

新製品の特徴

 1. 日頃の業務実態を見える化しRPA候補を提案

 「NEC業務改善ソリューション 業務分析サービス」は、企業が効果的なRPA運用を行うための、RPA導入を支援する分析サービス。RPA導入検討時においては、社員のパソコン業務における操作ログから、現行業務の流れや詳細な作業内容を可視化し、RPAに適した作業候補を提案する。

 さらに今後、持続的な業務改善を進めるための効果指標(納期短縮や費用低減、品質向上など)の定量化や、モニタリングできる仕組みなどを、順次提供していく。このサービスにより企業は、RPAを活用した持続的な業務改善を行うことができる。

 2. 利用者自身での円滑なRPAロボットの構築・運用を実現

 NECのRPA製品「NEC Software Robot Solution」に、社員のパソコン操作内容を詳細に記録するツールを組み合わせ、「NEC Software Robot Solution 業務分析パック」として販売開始する。

 このソリューションは、パソコン操作内容を記録・集計し、ロボット作成時に役立つ作業手順書を自動生成する。さらに、作業の流れや手作業量の可視化機能を有し、RPA候補作業の抽出に活用できる。

 また、人のパソコン操作だけではなく、「NEC Software Robot Solution」で作成したロボット動作のログも記録できるため、ドキュメント不足や担当者の異動などで管理・把握しきれなくなったロボットの振る舞いを可視化できるようになるなど、円滑なロボット作成・運用を支援する。

 3. RPA製品ラインアップの拡充

 NECグループでは、バックオフィス系の共通業務において、「NEC Software Robot Solution」をはじめとする複数のRPA製品を活用し、業務効率化を図ってきた。今回、UiPath社製RPA製品もNECグループ内のRPA基盤に追加し、NECグループの業務シェアード会社であるNECマネジメントパートナーを運用主体として、複数RPA製品の適材適所な使い方と効率的な運用方法に基づき、実際に社内業務に適用を開始した。今後、実証成果を付加価値とした柔軟なRPA運用方法を提案していく。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5