SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

CTC、AI教育サービスとIT基盤をパッケージ化したAI人材育成ソリューションを提供開始

 今回提供を開始するAI人材育成ソリューションは「教育サービス」と「IT基盤」をパッケージ化しており、企業や大学での教育の規模や、入門から実践までの各段階に応じて柔軟に対応できるソリューションになる。

 ・教育サービス

 統計学やプログラミングといったAI開発の基礎に加え、自社データを用いたAIコンペティションの開催、活用方法についてのワークショップなど、ビジネスへの適用が可能な実践的な内容も備えている。

 AI開発や開発コンペティション運営、教育研修を手掛けるSIGNATE、AI人材育成の教育コンテンツを手掛けるzero to oneとも協力し、企業の状況に応じて教育コンテンツのカスタマイズを行うことで、柔軟性の高い育成プログラムが実現できる。

 ・IT基盤

 AIに必要なGPUを含めたインフラ環境で、教育コンテンツや学習データの管理機能を備えている。教育サービスの受講者は、学習で利用するAIフレームワークやサンプルデータを含んだ教育コンテンツをワンクリックで構築することができ、トレーナーや教育担当者は、受講者のデータや学習状況を一元的に把握することができる。

 スモールスタートが可能なクラウド型の環境や、実ビジネスにも対応したオンプレミス環境を用意しており、利用状況に応じて拡大することが可能。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11310 2018/10/22 14:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング