EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

OKI、クラウドCRMソリューション「enjoy.CRM III for Dynamics 365」を販売開始

  2018/11/01 14:15

 OKIソフトウェアは、 クラウドCRMソリューション「enjoy.CRM III for Dynamics 365」を11月1日から販売開始すると発表した。このソリューションは、日本マイクロソフトが提供するインテリジェントビジネスアプリケーション「Dynamics 365」をプラットフォームとしてクラウドの特徴を活かし、デジタル化するコンタクトチャネルや顧客ニーズの変化に対して、低コストで素早い対応を実現するもの。

 OKIソフトウェアは、2000年の発売以来100社以上に提供してきた「enjoy.CRM」シリーズのコンタクトセンターでの経験を活かし、「Dynamics 365」をプラットフォームとして、多彩なコンタクトセンター機能の導入と維持管理を、変化に素早く対応し低コストで実現する「enjoy.CRM III for Dynamics 365」を提供するという。

 このソリューションは、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」のWebアプリケーションとして、「Dynamics 365」の顧客サービス向け機能「Dynamics 365 for Customer Service」と連携してCRM機能を提供する。

 保有するデータは、「Dynamics 365」で管理するため、部門を横断して全社的にデータを参照・更新することができ、パソコンやタブレット、外出先のスマートホンからもアクセスが可能な、部門や場所を限定しないCRMとして活用できる。

 さらに「Dynamics 365」のWebポータルやフィールドサービス、セールスなどの機能や、 Office 365」「Azure(AI)」 など幅広いマイクロソフトソリューションと連携して企業のビジネス改革に貢献できるとしている。

 コンタクトセンター機能としては、従来の「enjoy.CRM III」と同じ機能を提供したうえ、導入後は運用に合わせて機能拡張が可能。また、OKIのコンタクトセンターシステム「CTstage 6Mi」シリーズや、各社のクラウドCTIシステムと標準連携することで、CTI連携による素早い顧客対応や、分析レポート機能による一次解決率分析や商品分類別の対応状況分析など、顧客満足度向上に役立つ機能が利用できる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5