SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Dell EMC、エンタープライズ向けオブジェクトストレージ「Dell EMC ECS」最新バージョンを発表

 「ECS 3.3」は、クラウド同様の機能と使いやすさで非構造化データを取り込み、格納、保護、管理する、柔軟性を持つソリューションながら、エンタープライズレベルで求められる法規制への適合・認証を得ており、高度にデータの安全性が求められる企業環境にも適用できるという。

 企業は、パブリッククラウドサービスよりも低いTCO(総所有コスト)で、データをコントロールし、セキュリティー上の脆弱性を減らし、厳格なコンプライアンス要件を満たすことができるようになるとしている。

「ECS 3.3」によって可能になること

 ・セキュリティーおよびコンプライアンスの要件を満たす

 外部キー管理やSTIG Hardening、NFS WORMコンプライアンスといったエンタープライズレベルの強化機能が、より大きな脅威下で厳格なデータセキュリティー要件が求められる時代のデータ資産の保護をサポート。

 ・ストレージインフラストラクチャのプロアクティブ(先回り的)な管理

 容量モニタリングの強化、カスタム アラート、評価指標エクスポートなどにより、データへの可視性を向上。ストレージ管理者は、より正確な容量増加予測を行えるようになり、データの可用性とピーク時のシステムパフォーマンスを事前に確保できる。

 ・迅速にデータから新たなインサイトを引き出す

 Amazon S3が提供する機能と同様のプレフィクスサーチ機能(前方一致検索)やS3 Listコマンド実行時間の短縮など、開発者は短時間でデータから新たなインサイトを得られる。

 ・ストレージインフラストラクチャのモダナイズ(最新鋭化)

 保持ポリシーのシームレスな移行とクラウドゲートウェイツールの統一を通じて、「Dell EMC Centera」などのレガシーオブジェクトプラットフォーム向けに合理化されているプラットフォームのモダナイズ機能を活用することで、インフラストラクチャをモダナイズし、生産性に影響を与えることなく最新の「ECS」プラットフォームに移行することができる。

 ・ROIの改善

 パブリッククラウドサービスよりも低いコストで、より高いデータコントロールが可能になる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11835 2019/03/19 15:15

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング