EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

CTC、BlackBerry社のモバイル環境一元管理プラットフォーム「Enterprise Mobility Suite」を提供開始

  2019/04/02 15:00

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、BlackBerry社と販売代理店契約を締結し、モバイル環境のデバイスやアプリケーション、コンテンツを一元的に管理するプラットフォーム「BlackBerry Enterprise Mobility Suite(EMS)」を4月2日から提供開始すると発表した。

 「EMS」は、モバイル環境のデバイスやアプリケーション、コンテンツを一元管理し、セキュリティを確保して社内システムへのアクセスを可能とするソリューション。セキュアなブラウザ、メール・カレンダー、デバイス管理、アプリケーション管理、ドキュメント連携、アクティビティ追跡など、企業のモバイル環境に必須の機能が利用できるという。

 利用する機能の組み合わせにより、5つのライセンスがあり、すべての機能が利用できる最上位ライセンスでは、共有したファイルのアクティビティ追跡やダウンロードしたファイルの無効化など、安全なコンテンツのやり取りを可能にする「BlackBerry Workspaces」も利用できる。

 また、国際規格「ISO/IEC 15408」に規定されるコンピュータセキュリティのための認定基準「コモンクライテリア」において、評価保証レベル(EAL: Evaluation Assurance Level)のEAL4+を取得しており、特に高い水準のセキュリティが要求される金融機関や官公庁に適したソリューションだとしている。

 BlackBerry社が特許を取得している独自の技術によって、外部からの通信に対してファイアウォールのポートを開放する必要がないため、不正アクセスやサイバー攻撃のリスクを最小化し、安全なリモートアクセス環境を構築することができる。

 CTCは長年、企業向けセキュリティシステムの構築をはじめ、情報セキュリティ診断、インシデント分析、セキュリティ運用サービスなどを提供しており、「EMS」の導入にあたり関連するシステムの構築やネットワークの設定変更を含めて支援する。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5