SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NECソリューションイノベータ、「NEC クラウド利用状況監視App for Office 365」を提供開始

 「NEC クラウド利用状況監視 App」は、クラウドサービスの利用状況の可視化などにより、セキュリティリスクの低減やメンテナンス作業の効率化を支援するソリューションで、データ分析プラットフォーム「Splunk Enterprise」上で動作する。

 これまで提供してきた「NEC クラウド利用状況監視App for Box」に続き、今回は、マイクロソフト社のクラウドサービス「Office 365」に対応した。これにより、「Office 365」のログを収集し、利用状況を可視化、分析することが可能になる。

 また、「Office 365」「Box」各々に対応した「NEC クラウド利用状況監視 App」を組み合わせて活用することで、マルチクラウド環境への対応も可能だという。

「NEC クラウド利用状況監視App for Office 365」の特徴

 1. 利用状況の可視化やルール違反の監視によるセキュリティ強化

 SharePoint OnlineやExchange Online等の「Office 365」の監査ログやメッセージログを収集し、アクセス状況の可視化や監査に有効なレポートの作成・保管を行うことができる。また、事前に設定した利用ルールに違反があった場合、レポートや管理者へのアラート通知等を行うことができる。

 これらの機能により、「Office 365」を使用する際のセキュリティの強化や「Office 365」の利用状況の分析作業の効率化を支援する。

 2.「Office 365」の仕様変更等により発生する作業の効率化を支援 

 「Office 365」のログの仕様変更や機能強化などに対応して、本ソリューションの仕様も変更される。これにより、クラウドサービスの仕様変更等に伴って発生するメンテナンス作業の効率化を支援する。

 また、「NEC クラウド利用状況監視App for Box」も併せて導入することで、「Box」と「Office365」のマルチクラウドの環境を包括的に管理することが可能。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12044 2019/05/20 14:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング