SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アクロニス、「Acronis Backup 12.5」がG SuiteおよびOffice 365に対応

 企業でのMicrosoft Office 365やG Suiteなどのクラウド型オフィスアプリケーション導入が進んでおり、コンプライアンスや監査対応、BCP対策、誤操作によるデータ消失への対策などへの関心やニーズが高まっているという。

 発表された製品は、クラウド型オフィスアプリケーションであるMicrosoft Office 365およびG Suiteのメールやファイルなどのデータを、Acronis Cloud Storageへバックアップ・保護するサブスクリプションライセンス製品になる。

 各製品の主な機能は、次のとおり。

 ■「Acronis Backup 12.5 for Office 365 to Cloud Storage」

 ・Microsoft Office 365(Exchange、OneDrive、SharePoint、カレンダー)のバックアップ・復元をエージェントレスで実現

 ・保護対象をユーザー/フォルダーまたは、グループ単位で指定

 ・特定時点を指定、イメージ全体あるいはファイル/メール単位の復元をより簡単にするUXを実現

 ・バックアップファイルの暗号化

 ■「Acronis Backup 12.5 for G Suite」

 ・G Suite(Gmail、Googleドライブ、Googleカレンダー、Googleコンタクト)のバックアップ・復元をエージェントレスで実現

 ・保護対象をユーザー/フォルダー単位、またはグループ単位で選択

 ・特定時点を指定、イメージ全体あるいはファイル/メール単位の復元をより簡単にするUXを実現

 ・バックアップファイルへの暗号化

 ・ブロックチェーン技術を活用したAcronis NotaryでG Suiteのバックアップデータの真正性を証明

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12060 2019/05/23 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング