EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

IBM、汎用機の高速メモリ技術搭載のハイエンドx86サーバーを発表

  2009/02/19 15:00

IBMは18日、汎用機に採用されていた同社のメモリ設計技術「Xcelerated Memory Technology」を搭載したハイエンドラック型サーバー「IBM System x 3755 Model ARJ 2.4GHz」と「IBM System x 3755 Model DRJ 2.7GHz」の2製品を発表した。

 今回発表されたサーバーは、CPUにAMD Opteron TM プロセッサーを2個搭載した、ハイエンドのラック型x86サーバーで、科学技術計算や大規模データベースなどでの応用をターゲットとしている。特徴はCPUの高速処理だけでなく、IBMが汎用機開発で培ってきたメモリ設計技術「Xcelerated Memory Technology」を採用することで、性能価格比が従来の約2倍となったことだ。

 Xcelerated Memory Technologyは、メモリの搭載容量にかかわらずCPU-メモリ間の転送速度が落ちない技術だ。IBMではこのサーバーの最大容量である128ギガバイトのメモリを搭載した状態でも677MHzの転送速度を記録したという。

 価格は最小構成で「IBM System x3755 Model ARJ 2.4GHz」が821,100円(税込み)、動作周波数2.7GHzのCPUを搭載したモデル「IBM System x3755 Model DRJ 2.7GHz」が850,500円(税込み)となっている。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5