Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

HPE、5G/MEC通信などエッジでの大容量データに適したリアルタイム処理の製品群を販売開始

  2019/11/26 20:00

 ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)は2019年11月26日、通信事業者や製造業における超大容量データのリアルタイム処理のためのエッジコンピュータ製品群「HPE Edgeline EL8000 Converged Edge System」の販売開始を発表した。

 HPE Edgeline EL8000 Converged Edge Systemは、エッジにおける5G及びMECのNFV基盤に最適で、マルチメディア配信やコネクテッドモビリティ、スマートシティ実現のための、IoT、AI、動画解析など大容量データをエッジにて低遅延で処理するニーズにも応えている。最大24コアのインテル Xeon プロセッサー・スケーラブル・ファミリーを4基搭載し、通信機器向けの規格NEBS Level 3にも準拠。

 高温での動作、耐振動・耐衝撃性に加え、先進のセキュリティと遠隔管理性を備えた同製品群は、5G/MECやプライベートLTE/ローカル5Gサービスを提供するプラットフォームとして開発され、海外では既に通信機器ベンダーとのコラボレーションも行われているという。

 HPEによると、5Gインフラは、オープンスタンダードに基づくアーキテクチャに移行しなければならないが、一般的なITシステムにおいて既存RANをvRANに置き換えることで迅速かつ円滑な5G展開を実現可能となる。すでに販売中のHPE Edgeline Converged Edge System各機種は、国内でも製造業をはじめとする幅広い業種で活用されており導入の拡大も見込まれている。

 価格は214万7000円(税抜)から。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5