EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ラック、企業のクラウド環境向けセキュリティ設定診断サービスの提供を開始

  2020/05/18 10:00

 ラックは、5月14日に情報漏えいやシステムの不正利用を防ぐ新サービス「セキュリティ設定診断」を発表した。本サービスにはMcAfee MVISION Cloudを採用しており、クラウド環境への移行が進む企業システムにおいて、見逃しが発生しやすいセキュリティ設定を総合的に判断する。

 「セキュリティ設定診断」では、クラウドポータルの設定を確認する「クラウドセキュリティ設定診断」、マカフィーのクラウドセキュリティソリューションを採用したクラウドポータルの設定を常時監視する「クラウドセキュリティ設定診断 by MVISION Cloud」、サーバの設定を確認する「サーバセキュリティ設定診断」の、3つのサービスを提供する。

 「クラウドセキュリティ設定診断」は、Amazon AWS、Microsoft Azureといったクラウド環境に対応。IaaS/PaaSのセキュリティを診断し、安定性の評価や対処すべき問題を報告する。

 「クラウドセキュリティ設定診断 by MVISION Cloud」は、Amazon AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platformに対応。IaaS/PaaSの各種設定を継続的に解析し、安全性の評価や対処すべき問題の報告、運用に合わせたセキュリティ対策のサポート提供を行う。なお、診断およぶ監視用ソリューションとしては、マカフィーの「McAfee MVISION Cloud for IaaS/PaaS」を採用している。

 「サーバセキュリティ設定診断」では、クラウド環境へ移行・構築したActive Directory、ファイルサーバ、基幹システムサーバといった仮想サーバに加えて、オンプレミス環境単位の設定や脆弱性対応の適用状況などを診断し、対処すべき問題点を報告する。

 「クラウドセキュリティ設定診断 by MVISION Cloud」に採用されているマカフィーの「MVISION Cloud」は、各種クラウドサービスで推奨される設定・運用が保たれているかを診断する。常時監視が可能なので、システム開発によって機能追加や拡張が行われた際にも、自動で設定の不備を見つけ、脅威をダッシュボードで可視化できる。

企業システム環境による管理運用責任の範囲の違い
企業システム環境による管理運用責任の範囲の違い

 ラックは、これまでのセキュリティ診断サービスのノウハウを活用し、クラウド環境の運用に合わせた「MVISION Cloud」によるセキュリティ対策を支援する。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5