EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NEC、標的型攻撃でのマルウェア侵入リスクを低減するインターネット分離ソリューションを発売

  2020/05/27 09:00

 日本電気(NEC)は、5月25日、標的型攻撃への対策として有効なインターネット分離ソリューション「Application Platform for SCVX」を発売した。統合型ソリューション「NEC Solution Platforms」のラインアップに追加するもので、参考価格は約650万円(100同時接続構成。各種オプションおよび保守費用は除く)。

 「Application Platform for SCVX」には、ジェイズ・コミュニケーションのインターネット分離ソリューションである「SCVX」を利用する。標的型攻撃対策として有効なインターネット分離を、LinuxベースのDockerコンテナ技術を用いた仮想ブラウザ方式によって行っている。

 「Application Platform for SCVX」では、端末にブラウザ画面を転送・表示し、インターネットへの直接のアクセスを遮断する。マルウェアの侵入リスクを限りなくゼロにして、高いセキュリティを実現した。

 導入にあたっては、事前の評価・検証に基づいて設計・サイジングを行った上でサーバに構築し、「NEC Solution Platforms」として提供する。これにより、品質の確保と導入期間の短縮を可能にするとともに、ライセンス体系を同時接続数とすることで、低コストで導入・運用できる。

 さらに、インターネットからダウンロードしたファイルの無害化と、サンドボックスチェック機能をオプションで提供。従来は、複数のシステムを組み合わせて実現していた機能を単一のソリューションで実現し、インターネット分離環境での安全なファイル受け渡しをワンクリックで実現している。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5