SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTTデータ、法人向けマルチバンクサービス「BizHawkEye」へのみずほ銀行の接続が決定

 NTTデータは、6月15日に「BizHawkEye(ビズホークアイ)」とみずほ銀行との接続が決定したと発表した。

 「BizHawkEye」は、インターネット経由で利用可能な法人向けマルチバンクサービス。専用ソフトウェアを必要とせず、会計業務で必要な預金残高や入出金照会、振込振替、資金集中配分といった業務を、インターネット経由でWebブラウザから利用できる。インターネット経由での利用なので、テレワーク時の複数金融機関との取引が可能になる(資金集中配分機能は10月からサービス提供予定)。

「BizHawkEye」の全体像
「BizHawkEye」の全体像

 ほかにも、銀行共通の認証基盤であるVALUX認証を利用しており、一度の認証で同時に複数の銀行口座に対して照会業務や送金業務を行える。電子証明書による端末認証だけでなく、専用のカメラ付きトークンで取引時に表示される二次元コードを読み取って、トークン上に表示された取引内容を確認することで、取引内容の改ざんを防ぐトランザクション認証も採用している。

 なお、ZEDIのXML形式データに対応しており、振込や入出金のデータにEDI情報を付加してデータを送受信できるので、売掛金の照合や支払事務の効率化が可能になる。

 税別のサービス提供予定価格は、標準サービスが初期費用3万円、月額費用4000円。10月に提供開始予定の資金集中配分サービスが初期費用5万円、月額費用5000円。課金は、どちらもVALUX接続IDごとに行われる。

 NTTデータは、今後VALUX接続金融機関を中心に接続先の拡大を進め、10月時点で約350金融機関との接続を目指す。あわせて、2024年1月のINSネット(ディジタル通信モード)終了までに、専用ソフトウェアを利用している企業(約10万社)への「BizHawkEye」提供を目指す。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13097 2020/06/17 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング