SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

サーバーワークスとユビキタスAIコーポレーションが協業、セキュアなIoTサービスのための製品を提供

 サーバーワークスとユビキタスAIコーポレーションは、6月17日、AWS環境でセキュアなIoTサービスを実現するソリューションの提供を開始した。

 IoTデバイスのなりすまし防止や通信の傍受を防ぐには、IoTデバイスの個体識別を行い、個体ごとの暗号鍵で通信経路を暗号化する必要がある。AWS IoTでは、こうした仕組みを実現するためにデジタル証明書の利用を前提としたTLSによる相互認証、暗号化通信をサポートしている。

 一方で、TLSによる暗号化通信を行うためには、各IoT機器メーカーが個々のIoT機器に対してAWS IoTから発行される証明書をダウンロードするか、事前にAWS IoTに登録した認証局が発行した証明書、または事前に登録した証明書を安全に保存しなければならない。出荷後にはこれらの証明書の管理も必須になるなど、IoT機器のセキュアなアクセスを実現するには、厳密な証明書運用が必要となり、煩雑な作業とコストが発生する。

 こういった課題に対して、ユビキタスAIコーポレーションが提供する「Edge Trust」では、セキュアなIoT機器開発と、金融系ICカードなどで多数の実績を持つ鍵・証明書の管理システムとの組み合わせによって、AWS IoTとIoT機器との安全な通信とデバイスマネジメントを実現している。

サーバーワークスとユビキタスAIコーポレーションの連携イメージ
サーバーワークスとユビキタスAIコーポレーションの連携イメージ

 今回の協業によって、サーバーワークスのAWSに関する豊富な実績と、ユビキタスAIコーポレーションのIoT機器向けセキュリティに関する製品・実績を中心とした機器開発に必要な製品・技術の組み合わせが可能になる。これにより、AWSを活用したクラウドのシステム構築から機器開発まで、IoTサービスを実現するためのワンストップの提案ができる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13110 2020/06/19 10:04

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング