SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SAS Institute、最新の「SAS Viya 4」を2020年後半に提供へ

 米SAS Instituteは、6月16日(現地時間)、最新のクラウドテクノロジーを活用できるよう設計された「SAS Viya 4」を、2020年後半に提供開始すると発表した。

 「SAS Viya 4」ではAPI機能を拡張し、開発者がデータサイエンスチームと協力して、変化するビジネスニーズへの容易かつ迅速な対応を可能にする。

 また、ソフトウェアのアップデートサイクルを選択できるCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)プロセスを採用。ユーザーは、最新の製品イノベーションを即座に使用可能なほか、独自の変更管理スケジュールにアップデートを組み込むこともできる。

 さらに、Kubernetesによるコンテナベースのアーキテクチャによって、Azure、Google、AWS、OpenShiftといった異なるクラウド環境を横断する移植性を実現している。

 ほかにも、モデルのデプロイをより簡単にすることで、アナリティクスの「ラストマイル」克服を支援する。また、あらゆる分析モデルのパフォーマンスを一元的にモニタリング/管理することが可能になる。すべてのオープンソース/SASモデル、リネージ、テンプレートの管理を一元化し、すべてのモデリング活動における完全な可視性と制御を実現する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13111 2020/06/23 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング