SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SAPジャパン、準大手と中堅企業にデジタル技術の導入短縮化を支援する標準ソリューションモデルを提供

 SAPジャパンは、準大手および中堅企業を対象としたインテリジェントエンタープライズ標準ソリューションモデル(i-ESM)の提供を、パートナー企業とともに6月29日に開始した。これにより、基幹システム(ERP)および人工知能(AI)、機械学習(ML)、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)などのデジタル技術の導入短縮化を支援していく。

 i-ESMでは、商社・卸、化学、組立製造、プロフェッショナルサービスの4業界別のクラウドERP導入に際して、標準的な導入期間、導入費用(アドオン開発・データ移行を除く)のモデルを用意。AI、ML、RPAなど、ERPとともに活用することで付加価値を高められる最新デジタル技術をメニュー化して提供する。そのほか、基幹システム検討期間の簡素化と短縮化を促し、より迅速にデジタル変革(DX)の効果を出すことを支援する。

 企業はi-ESMを通じて、モデルケースをもとにDXを支える次世代基幹システムの検討をより効率的かつ効果的に行えるようになる。また、モデルとなる業務範囲や期待効果を参照することによって、プロジェクトに参画すべき役員層や業務部門を特定し、DX推進プロジェクトの要否を判断できる。その結果、実際のDXプロジェクトでは、他社の事例から得たノウハウをもとに確実な実行が可能になる。

 参加パートナー企業は以下の通り(50音順)。

  • アイ- ピー- エス
  • SCSK
  • NTTデータ グローバルソリューションズ
  • コベルコシステム
  • SHIFT
  • TIS
  • 三井情報

今後は、状況に応じて参加パートナーを順次増やしていく。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13171 2020/06/29 18:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング