EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NEC、「量子コンピューティング適用サービス」の提供を開始、組み合せ最適化問題の解決を支援

  2020/07/01 07:00

 日本電気(NEC)は、6月30日に「量子コンピューティング適用サービス」の提供を開始した。量子コンピューティング(量子アニーリング)技術を活用して、今後ますます複雑化していく組み合せ最適化問題の解決を支援していく。なお、価格は個別見積となる。

 「量子コンピューティング適用サービス」では、同社のベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」をベースにしたシミュレーテッド・アニーリングマシンや、Leapクラウドサービス経由でD-Waveの量子アニーリングマシンを活用。ユーザーのニーズに適した教育や技術検証などを提供する。

「量子コンピューティング適用サービス」におけるユーザー課題への量子コンピューティング技術適用の進め方
「量子コンピューティング適用サービス」におけるユーザー課題への量子コンピューティング技術適用の進め方

 サービスメニューは、技術の基礎を体験するハンズオンセミナー、ユーザーの業務課題を抽出するアイディアソンや共創型ワークショップによるフィジビリティスタディ、組合せ最適・データ分析観点でのデータ収集や分析方針のコンサルティング、組合せ最適・データ分析を処理するためのデータ前処理や特徴抽出、最適化モデル作成、最適化の精度・性能向上のためのチューニングで構成される。

 同サービスでは、ユーザーのビジネス課題が量子コンピューティング技術で解決できるのかを、技術の習得から実証までトータルに支援する。さらに、よりよい組み合わせが得られるよう、課題の規模や特徴に合わせて、利用するプラットフォーム、アルゴリズムの選択・組み合わせが可能となっている。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5