EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NEC、JAMSTECによる海洋マイクロプラスチック計測システム開発をAI活用の画像認識技術で支援

  2020/07/03 15:00

 日本電気(NEC)は、7月3日、海洋研究開発機構(JAMSTEC)とともに、海洋マイクロプラスチック計測システムを開発したと発表した。

 JAMSTECは、以前から海洋マイクロプラスチックを検出する分析技術の研究開発に取り組んでいる。今回NECは、最先端AI技術群「NEC the WISE」のディープラーニング技術を搭載した「RAPID機械学習」による画像認識技術で、マイクロプラスチックを高速かつ高精度に検出・分類する仕組みを提供。JAMSTECの研究開発を支援した。

 あわせて、蛍光顕微鏡で撮影したマイクロプラスチックが試料中を流れる動画から、AI連携のための画像を抽出してデータ化するソフトウェアも提供している。

NECとJAMSTECによる新たな海洋マイクロプラスチック計測システムの概要
NECとJAMSTECによる新たな海洋マイクロプラスチック計測システムの概要

 詳細としては、JAMSTECのこれまでの研究開発の知見を活かして、海水や前処理をした堆積物といった試料中のマイクロプラスチックを蛍光色素で染色し、検出に最適な速度で流しつつ蛍光顕微鏡で動画を撮影。その後、新たに開発したソフトウェアを使用して、動画からマイクロプラスチック1つひとつを画像データとして自動抽出する。さらに、AIによる画像認識技術を活用することで、毎分60個の処理速度でサイズや形状の自動分類・集計が可能になった。従来は手作業で行っていたマイクロプラスチックの検出の自動化・高性能化を実現している。

 将来的に、この計測手法が確立され普及することによって、マイクロプラスチック汚染の実態解明が進み、適切な排出規制の立案へとつながることが期待される。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5