SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

スパークスシステムズジャパン、Enterprise Architect 7.5および同Suiteを発売

 Enterprise Architect(エンタープライズアーキテクト)はUML2.1対応のモデリングツール。アドインにより、UMLだけでなくBPMN・SysML・DFD・SPEM・フローチャートなどの表記にも対応し、さまざまな設計開発に幅広く利用できる。今回発売されたEnterprise Architect Suite(エンタープライズアーキテクト スイート)には、以下の3つのエディションがある。

  • ビジネスモデリング版:BPMNなどのビジネスモデリングや、ザックマンフレームワークやTOGAFなどのEnterprise Architectureフレームワークを利用した業務・ビジネスの分析設計などを行う人を対象にしたスイート。
  • システムエンジニアリング版:ハードウェア系の言語からソースコードを生成することに重点を置いたエディション。利用言語にADA2005、SystemC、Verilog、VHDLの4種が追加される。ステートマシン図からこれらの言語のソースコード生成が可能。
  • アルティメット版:ビジネスモデリング版とシステムエンジニアリング版の両方の機能が利用できる。要求管理ツールRaQuestや情報リサイクルツールARCSeekerも利用でき、要求管理の段階から設計・実装・作成したモデルの再利用支援までの幅広い範囲でツールを利用できる。

 バージョン7.5では、主に以下の3点が強化されているほか、モデリングを効率的に行うための様々な新機能も搭載されユーザビリティが向上している。

  1. 数多くの新しいモデリング記法に対応
  2. モデリングを効率化する新機能の搭載
  3. 分散環境での設計開発における速度改善

 製品には「パッケージ版」と直販の「ダウンロード版」があり、パッケージ版はオープン価格。Enterprise Architectのダウンロード版の直販価格は、1ライセンスあたり17,325円~44,100円。Enterprise Architect Suiteのダウンロード版の直販価格は、1ライセンスあたり77,700円~136,500円。

【関連リンク】
スパークスシステムズ ジャパン株式会社

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1321 2009/03/25 16:35

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング