SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ディーウェイヴ、ビジネス向け量子コンピュータを発表 クラウドサービスとして一般提供へ

 ディーウェイブシステムズは9月30日、次世代量子コンピューティングプラットフォームの一般提供を発表した。

 Leap量子クラウドサービスで本日から提供されるこのプラットフォームには、5000ビット超の量子ビットと15方向の量子ビット接続を備えたAdvantage量子システムに加えて、最大100万個の変数で問題を実行できる拡張ハイブリッドソルバーサービスが含まれているという。

 また、企業による本番環境の量子アプリケーション構築を可能にする取り組みの一環として同社は、サポートが必要な企業向けのジャンプスタートプログラムであるディーウェイブLaunchを発表。ビジネスの問題をハイブリッド量子アプリケーションに変換するサポートを提供するとしている。

 さらに、ディーウェイブは、10月8日に一般公開を予定している新たなハイブリッドソルバーも発表した。

Advantageの量子コンピュータとLeap量子クラウドサービスには、以下が含まれる。
  • 新しいトポロジー:新しいAdvantageシステムでは、各量子ビットは15個の別の量子ビットに接続できる
  • 量子ビット数の増加:多くの量子ビットと高い接続性により、量子プログラマーは、商用量子アプリケーション構築のためにグラフにアクセスできるようになる
  • パフォーマンスの向上と問題サイズの拡大:最大100万個の変数を持つLeapのハイブリッドソルバーサービスにより、企業は大規模でビジネスクリティカルな問題を実行可能
  • Leapのハイブリッドソフトウェアおよびツールの拡充:ビジネス規模の問題に対応したPythonでのハイブリッド高速開発環境が提供される
  • 柔軟なアクセス:Advantageと次期DQMソルバーは、Leap量子クラウドサービスで利用可能。開発者や企業は、本番環境のハイブリッド量子アプリケーションの開発をすぐに始めることができる
  • 継続的なリリース:ディーウェイブは、ハイブリッドソルバー、QPU、クラウドを介したソフトウェアアップデートにより、プラットフォームの新しいコンポーネントが利用可能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13452 2020/09/30 15:59

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング