EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立、ブロックチェーンシステム開発支援サービス提供へ 難易度が高いコーディングを自動生成

  2020/10/30 17:20

 日立製作所(以下、日立)は、「ブロックチェーンシステム開発支援サービス」を、10月30日から提供を開始すると発表した。

 本サービスは、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用する業務アプリケーションの開発・導入を迅速化するものだという。

 具体的には、ブロックチェーンシステムでニーズの高いユースケースを汎用化した業務テンプレートと、難易度が高いブロックチェーン特有のコーディングを自動生成できる開発フレームワークを独自に開発するなど、機能群を整備しブロックチェーンのシステム導入を支援するとしている。

 今回、提供開始する「ブロックチェーンシステム開発支援サービス」は、「Hitachi Blockchain Service for Hyperledger Fabric」を活用し、ブロックチェーンシステムにおけるアプリケーション開発の迅速化を図るサービス。日立がこれまで培ったブロックチェーンシステムの開発実績をもとに、ユースケースを「証跡共有型」「価値流通型」「自動執行型」の3つに分類し、各類型に対応する開発部品群を整備したという。

「ブロックチェーンシステム開発支援サービス」の概要図
「ブロックチェーンシステム開発支援サービス」の概要図

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5