SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTTデータ、政府向けのクラウドサービスを提供へ

 NTTデータは、政府情報システムのクラウド活用を推進するため、コミュニティクラウドサービス「OpenCanvas for Government」を、2021年2月より提供することを発表した。

 同社は、政府が提唱するデジタル・ガバメントの早期実現に向けて、金融機関向けのクラウドサービス「OpenCanvas」をベースとした政府向けのコミュニティクラウドサービス「OpenCanvas for Government」を提供する。

OpenCanvas for Governmentの位置づけ
OpenCanvas for Governmentの位置づけ
[画像クリックで拡大]

「OpenCanvas for Government」の特長

「ベストミックスクラウド」

 WebサーバやAPサーバ等のアジリティ・スケーラビリティが重視されるSoE領域と、DBサーバやファイルサーバ等の高信頼・高可用性が重視されるSoR領域の構内接続に対応する。

「つながるクラウド」

 AWSやAzure、他社クラウドを自在に組み合わせたマルチクラウド環境に対応している。これにより、銀行系APIを予め用意したりと初期投資することなく、全国の銀行ネットワークとの接続、官民連携による事業拡大に活用が可能。また、政府が構想するAPIにも対応予定だとしている。

「統合管理クラウド」

 先進技術を活用した運用の標準化・共用化にも対応する。

「寄り添うクラウド」

 顧客要件を満たす機器等の持ち込みや、OS・ミドルウェアへのパッチ適用タイミング等について柔軟な対応が可能。また、従来のクラウドサービスでは顧客責任となるOS・ミドルウェアの動作まで保証する。

「高信頼・高可用性クラウド」

 災害リスクに備え、環境にも配慮した国内限定のデータセンターを活用し、政府情報システムに求められる高い透明性と安全性、省庁固有の特殊要件に対応可能。

 今後は、行政機関と金融機関の連携によるキャッシュレスサービスをはじめとした新たなデジタルサービスの提供を予定しているという。また、政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)にも対応予定だとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13791 2021/01/05 12:39

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング