SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、生体認証とID連携機能を一体化したプラットフォーム提供開始

 NECは、生体認証と複数のソリューションをつなぐID連携機能を一体化した「Digital IDプラットフォーム」のサービス提供を1月14日から開始することを発表した。また、今回提供するプラットフォームと連携できる入退管理や決済など様々なソリューションを開発し、2021年4月から順次販売を開始するとしている。

Digital IDプラットフォームと各種ソリューションのイメージ
Digital IDプラットフォームと各種ソリューションのイメージ
[画像クリックで拡大]

「Digital IDプラットフォーム」の特長

1.本社ビルにおける実証での成果やノウハウを基に最適化

 新型コロナウイルス感染症が拡大する中、約7ヵ月間のNEC社内での実証を経て最適化されたプラットフォームだという。本プラットフォームを活用し、体表温測定やマスク未着用検知を含む執務エリアへのタッチレスな入退管理からPCログイン、ロッカーや複合機の利用、自動販売機や店舗での買い物や食堂利用などの様々なシーンをシームレスにつなげることができるとしている。

2.生体認証とID連携の機能を一体化

 生体認証とID連携の機能を一体化し、クラウドサービスとして提供する。本プラットフォーム上では、顔認証などの生体認証を鍵として、本人に紐付く様々なIDを連携する。これにより事業者は、複数のサービスやソリューションを安全かつシームレスにつなぎ、利用者に提供できるという。

3.スピーディな導入を支援する検証環境を準備

 2021年度から本プラットフォームに接続できる検証環境を用意し、専任メンバーが要件の洗い出しから導入までをワンストップで支援する。また、本環境はソリューションを開発・検証する共創環境でもあり、顧客やパートナー企業とのスキーム作り・事業創出の場としても活用可能だとしている。

活用シーンの例
活用シーンの例
[画像クリックで拡大]

【関連記事】
NEC、Avaloqの買収を完了しグローバル事業基盤を確保
NECや東芝、NICTなど5者が国内初となる量子暗号技術の共同検証へ
NECとSMBCグループ、ローカル5Gの実証実験を開始 次世代XR店舗構築へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13823 2021/01/14 17:05

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング