SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Cloudflare、新型コロナワクチン接種のデジタル待合室サービスを発表

 Cloudflareは、「Project Fair Shot」を発表した。Project Fair Shotは、新型コロナワクチン提供を推進する政府機関や地方自治体、病院、薬局など、それぞれの登録サイトの前にデジタル待合室「Cloudflare Waiting Room」を提供するという。

 Cloudflare Waiting Roomは、エンジニアリングやコーディングの必要がなくあらゆる登録サイトの前に設置することができる。これを利用するとワクチン接種の申し込みを行った人には、待ち列に加わったことを知らせる通知を送信。順番が近づいてくると、ワクチン提供機関の登録ページに誘導される。

 これにより、接種希望者が自分の順番の透明性を、自宅で確認できるようになる。また、同サービスにCloudflareのグローバルインフラストラクチャを利用することで、ユーザーは限られたITリソースをコード変更に割かずに、需要に左右されない拡張が可能だとしている。

 さらに、ワクチン提供機関による詳細設定が可能となっており、登録者に待ち時間を知らせることができるほか、今後は順番が近づいてきたことを知らせる通知を送信できるようになる予定だとしている。同サービスは、ワクチン提供機関以外にもコンサートチケット、スニーカーの新モデル、ワクチンなど、高需要のリソースを抱える組織でも活用することができるという。

【関連記事】
Covid-19でゼロトラスト以前のセキュリティは時代遅れになった――クラウドフレア CTOが会見
新型コロナウイルスの流行でDDoS攻撃が3倍に Kasperskyが調査結果を公開
マイクロソフト、新型コロナウイルスの影響によるセキュリティ動向の変化を報告 ゼロトラストの導入も加速

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13870 2021/01/26 15:33

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング