EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Cloudflare、新型コロナワクチン接種のデジタル待合室サービスを発表

  2021/01/26 15:32

 Cloudflareは、「Project Fair Shot」を発表した。Project Fair Shotは、新型コロナワクチン提供を推進する政府機関や地方自治体、病院、薬局など、それぞれの登録サイトの前にデジタル待合室「Cloudflare Waiting Room」を提供するという。

 Cloudflare Waiting Roomは、エンジニアリングやコーディングの必要がなくあらゆる登録サイトの前に設置することができる。これを利用するとワクチン接種の申し込みを行った人には、待ち列に加わったことを知らせる通知を送信。順番が近づいてくると、ワクチン提供機関の登録ページに誘導される。

 これにより、接種希望者が自分の順番の透明性を、自宅で確認できるようになる。また、同サービスにCloudflareのグローバルインフラストラクチャを利用することで、ユーザーは限られたITリソースをコード変更に割かずに、需要に左右されない拡張が可能だとしている。

 さらに、ワクチン提供機関による詳細設定が可能となっており、登録者に待ち時間を知らせることができるほか、今後は順番が近づいてきたことを知らせる通知を送信できるようになる予定だとしている。同サービスは、ワクチン提供機関以外にもコンサートチケット、スニーカーの新モデル、ワクチンなど、高需要のリソースを抱える組織でも活用することができるという。

【関連記事】
Covid-19でゼロトラスト以前のセキュリティは時代遅れになった――クラウドフレア CTOが会見
新型コロナウイルスの流行でDDoS攻撃が3倍に Kasperskyが調査結果を公開
マイクロソフト、新型コロナウイルスの影響によるセキュリティ動向の変化を報告 ゼロトラストの導入も加速

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5