SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Cloudian、HyperStoreとVMware Tanzuを連携

 米現地時間2月4日、Cloudianは、VMwareの顧客がCloudianのS3対応オブジェクトストレージソフトウェアをVMware Cloud Foundation with VMware Tanzuで利用できるようになることを発表した。

 HyperStoreとvSAN Data Persistenceプラットフォームを組み合わせることで、次のメリット提供する。

  • vSAN Data Persistenceプラットフォームを搭載したエンタープライズグレードのオブジェクトストレージ:vSANがサポートするシェアードナッシングアーキテクチャ(vSAN-SNA)またはオブジェクトストレージのvSAN Direct Configurationを活用して、ストレージの効率を向上させる
  • Kubernetesによる自動デプロイとスケーリング:HyperStoreは、VMware vSphereクラスタ上にVMware vCenter UIから直接インストールと導入が可能だという。Kubernetes APIを使用してセルフサービス方式で動的にプロビジョニングおよびスケーリングを行うことができる
  • vSphereに統合された容量と稼働状態の監視:vSphere環境から離れることなく、データセンター、エッジ環境、クラウド全体でHyperStoreクラスターをシームレスに管理する
  • コスト削減:最新のクラウドネイティブワークロードと従来型ワークロードの両方を同じプラットフォームに統合することで、インフラストラクチャのサイロ化をなくし、共通のスキルとトレーニングを活用できる

複数のユースケースへの対応

 VMware Cloud Foundation上のHyperStoreとTanzuの統合により、VMwareの顧客は、S3対応オブジェクトストレージを利用できるだけでなく、これまでオブジェクトストレージではサポートされていなかったユースケースにもVMware HCIを利用できるようになった。医療機関や教育機関、金融サービス業界、政府機関などの業種にまたがる活用事例には、次のものが含まれる。

  • データ保護:ランサムウェア保護やOffice 365データバックアップなど、クラウドネイティブおよび従来型アプリケーションのバックアップ、アーカイブ、ディザスタリカバリ(災害復旧)に対応
  • アナリティクス(分析):豊富なメタデータのタグ付けにより、Googleライクな検索機能でAI/MLアプリケーションの利用が可能
  • ビッグデータ:Splunk環境でコンピューティングとストレージを分離させることで、より多くのデータ保持と分析が可能になり、TCOを削減できる
  • IoT/エッジコンピューティング:オブジェクトストレージの高度に分散されたピアツーピアアーキテクチャを活用して、エッジとハブのハイブリッドモデルをサポート

【関連記事】
スイスのPostFinance、CloudianとSplunkのソリューションを統合活用
Cloudian、オンプレミス/ハイブリッドクラウド対応の統合管理ビュー「HyperIQ」を発表
クラウディアン、「交通量自動計測機能」をエッジでAI処理する「AI BOX」に搭載するベータ版製品を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13927 2021/02/05 13:28

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング