SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Windows Server 2008に新しいエディション――中小企業向け低価格サーバー

 22日、マイクロソフトは、導入が比較的進んでいないとされている15名以下の中小企業向けのサーバープラットフォームとして「Windows Server 2008 Foundation」の提供を開始すると発表した。「Foundation」はこれまでのStandardエディションより機能を限定させた形で低価格で提供される。

 マイクロソフトでは、中小規模の企業にもWindows Serverを積極的に導入してもらうべく、サーバーハードウェア、ソフトウェアベンダーの協力のもと、プレインストールモデル限定で、Foundationエディションを販売する。販売期間も2010年6月までの限定とする予定だ。

 Foundationエディションは、ファイル共有、プリンタ共有といった基本的な小規模サーバー機能をサポートするが、ハードウェアの仕様さえ満たせば通常のWindows Server 2008のアプリケーションも稼働するという。価格を低く設定することで、単機能サーバーとしての導入を促進する構えだ。

 実際の販売は、プレインストールモデル、バンドルモデルに限定されるため、デル、HP、富士通、日立、NEC、IBMといったパートナーベンダーが、中小企業向け廉価版サーバー製品をラインナップしていく予定だ。導入した企業が業務拡大などしていった場合、Foudationのバージョンアップ対応やシステムのアップグレードにも対応する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1407 2009/04/22 17:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング