EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

富士通、待ち時間を3秒短縮できるコンパクト型ATMを開発

  2009/04/24 16:30

24日、富士通と富士通フロンテックは、駅やショッピングセンターなどでの設置の自由度を高めたコンパクト型ATMを開発し、販売を開始すると発表した。このATMは、国内最高クラスの紙幣処理能力を持ち、従来機より30%のスピード向上が図られており、利用者の待ち時間を一人当たり3秒短縮することが可能だという。

 富士通と富士通フロンテックは、24日、国内最高クラスの紙幣処理能力を持つ小型サイズのATMを開発し、販売を開始すると発表した。このATMは、通常のATMより幅が狭くスリムタイプとなっており、駅やショッピングセンターなどの狭いスペースでも設置が可能となっている。

 紙幣処理能力については、従来機が7枚/秒だったものが10枚/秒までおよそ30%の速度向上が図られている。これを10枚入金処理での一人当たりの処理時間に換算すると、3秒ほどの短縮となるという。また、機械的な処理回数の削減や待機電力の削減などにより、トータルの運用コストも40%ほど削減することができるとしている。

 近年、ATMは詐欺防止などセキュリティ対策だけでなく、ATMプラットフォームを共通化し、UI画面、機能アップデートなどもリモートで行えるような次世代ATMの開発が進んでいる。コンパクトATMの背景には、コンビニATMの普及など設置場所の多様化がある。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5