SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

経済危機を救うのはもうひとつのクラウド、「群衆(Crowds)」か――「群衆の叡智サミット2009」開催

 5月26日、「群衆の叡智サミット2009」(Wisdom of Crowds Summit 2009)が今年も開催される。「群衆の叡智サミット」は、Web 2.0以降、人とインターネットのつながりによって、個人が「群衆」(Crowds)となることで、どのような変化や可能性が開けるのか、ビジネスやソリューションにどう生かすことができるのかを各界の専門家らが討論するイベントだ。テックスタイルは27日、同イベントの参加受付を開始したと発表した。

 主催するテックスタイルによれば、今回のテーマは「”群衆”が引き起こす価値の変革」として、社会システムまで変えようとしている経済危機の時代において、群衆(Crowds)がどのように変化しているのか、どんな可能性があるのかを掘り下げるという。このサミットの特徴は、単にインターネット文化やトレンドについて討論するだけでなく、それをビジネスにどう生かすか、どんな影響があるのか、どんなツールやサービスが可能か、など議論のための議論に終始しないことだ。

 主要なパネリスト、コメンテイターは、高須賀宣氏(LUNARR Inc代表取締役、元サイボウズ社長)、鷲田祐一(博報堂)、佐々木俊尚(ITジャーナリスト)、楠正憲(GLOCOM)などとなっている。討論会のチェアマンは、テックスタイル代表取締役社長 岡田良太郎氏が務める。セッションは大きく2つあり、最初のセッションでは「群衆」の変化、情報利用の変化などを議論し、続くセッションで、それらの影響や可能性、新しい価値についてを討論する予定だ。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1415 2009/06/29 13:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング