EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

パロアルトネットワークス、「Prisma Access」の最新版を提供開始

  2021/04/12 13:32

 パロアルトネットワークスは、4月12日、クラウド配信型セキュリティプラットフォーム「Prisma Access」の最新版「Prisma Access 2.0」を日本市場で提供を開始した。

 Prisma Accessは、テレワークに必要なクラウド・セキュリティ機能を配信する単一のクラウドプラットフォーム。Prisma Access 2.0では、データセンターやクラウド接続におけるスループット性能を競合ソリューションの約10倍に向上させるとともに、セキュリティアップデートを競合ソリューションの約25倍となる1日あたり430万件に向上させることでユーザーとデータの安全性を高めているという。

[画像クリックで拡大]

 また同最新版では、どのような場所からでも業務を実行できるよう、ネットワーク問題の自動修復、機械学習ベースのゼロデイ攻撃防御、クラウドセキュアWebゲートウェイでの明示型プロキシの追加および新たなクラウドベースの管理機能などを強化している。

[画像クリックで拡大]

主な機能強化

  • クラウドベースの管理機能の強化:クラウド管理機能において、リアルタイムな セキュリティアップデートとセキュリティ対策を強化した
  • 自律型デジタルエクスペリエンス管理機能(DEM):テレワーカーの快適な業務環境を確保するために、ネットワーク問題を自動修正する自己修復インフラストラクチャを追加
  • 機械学習を活用したゼロデイ攻撃防御:インライン機械学習を使用して、未知のゼロデイ攻撃をリアルタイムで防止する機能を追加した。大量のテレメトリデータを分析し、セキュリティポリシーを自動推奨することで、セキュリティチームより迅速に脅威に対応できる
  • クラウドセキュアWebゲートウェイ(SWG)の強化:クラウドセキュアWebゲートウェイに明示型プロキシを追加。ネットワークアーキテクチャを変更せずに、従来型プロキシソリューションからWebだけでなくアプリ、ポート、プロトコルのすべてを保護するPrisma Accessに移行できる
  • APIベースのサービス統合プラットフォームCloudBlades:SASE全体にわたってサードパーティサービスを統合するためのプラットフォームCloudBladesを追加した。認定されたサードパーティのセキュリティサービスやインフラストラクチャサービスを容易に統合することができ、第一弾として主要なリモートブラウザ分離(RBI)サービスとの連携を提供する

 その他にも、センサーやアプライアンスを追加購入することなくIoTの脅威から保護する、IoTセキュリティ機能などを追加しているという。

【関連記事】
富士通とパロアルトネットワークス、協業によりゼロトラストネットワーク事業拡大を目指す
パロアルトネットワークス、5G活用支援のためセキュリティ機能を強化
パロアルトネットワークス、業界最大級のサイバーセキュリティカンファレンスを開催 AWSとの対談も公開

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5