SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

フィードバス「サイボウズ ガルーン2 for SaaS」価格体系を改定――300名以上でも利用しやすく

 フィードバスは、19日、「サイボウズ ガルーン2 for SaaS」に利用規模別の価格設定を導入したことを発表した。フィードバスでは、この他「サイボウズ Office 8 for SaaS」というグループウェアも提供しているが、これまでは導入企業の規模や構成によって個別見積もりで対応していた。しかし、近年300名を超えるような大規模な導入案件も増加しており、利用規模別にサービス展開と価格体系を整理した。

 新しい体系では、299名までの利用を「Office 8 for SaaS」での契約を前提に、300名~1,000名未満を「ガルーン2 for SaaS」での契約にサービス展開が整理される。価格については、ユーザー数が50~299名の場合、基本セットが個別見積もり、オプションのワークフローが11,340円(1ユーザー、年額、消費税込:以下同)。ユーザー数300~499名の場合、基本セットが14,742円、ワークフローが9,072円、ユーザー数500~999名で基本セット12,474円、ワークフロー6,804円となっている。

 なお、この利用規模の分類は、サイボウズの提供基準に合わせたものになっている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1445 2009/05/19 15:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング