EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

過去1年間で平均2回のアプリケーション脆弱性に起因する侵害を受ける【バラクーダネットワークス調査】

  2021/06/25 14:55

 バラクーダネットワークスジャパンは、「2021年のアプリケーションセキュリティの状況」と題するレポートを発表した。

レポートの概要

過去1年間で受けたアプリケーション脆弱性に起因する侵害は、平均2回
[画像クリックで拡大]

 回答した企業の72%は、アプリケーション脆弱性に起因するセキュリティ侵害を1回以上受けているという。また、32%は、アプリケーション脆弱性に起因するセキュリティ侵害を2回、14%は、アプリケーション脆弱性に起因するセキュリティ侵害を3回受けている。

企業が直面しているアプリケーションセキュリティ関連の課題は、複数の攻撃ベクタからの保護の困難にとどまらない。
[画像クリックで拡大]

 回答した企業は、アプリケーションセキュリティに関する主要な課題として、悪意のあるボット(43%)、サプライチェーン攻撃(39%)、脆弱性検出(38%)、およびAPIセキュリティ(37%)を挙げている。また、APAC(アジア太平洋地域)では、セキュリティ導入によるアプリケーション開発の遅延に関する懸念が他の地域よりはるかに大きく、44%となっているという。

過去1年間、アプリケーション脆弱性に起因するセキュリティ侵害の原因は、ボット攻撃である可能性が最も高い。

 過去1年間、回答した企業の44%はアプリケーション脆弱性を悪用するセキュリティ侵害の原因がボット攻撃だとしている。

【関連記事】
バラクーダネットワークス、10Gbpsスループットに対応した「Web Application Firewall 1060シリーズ」を発売
バラクーダネットワークス、クラウドベースのWebアプリケーションファイアウォール「WAF-as-a-Service」を発表
バラクーダネットワークス、包括的メールセキュリティとOffice 365対応のクラウドサービスを提供

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5