SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

データブリックス、16億ドルの資金調達で企業価値評価は380億ドルに

 米現地時間8月31日、Databricks(以下、データブリックス)は、16億ドルの資金調達ラウンドについて発表した。今回の新たなラウンドによって同社の総資金調達額は約35億ドルとなり、この資金はデータレイクハウス市場における優位性を加速させるために使用するとしている。

 カウンターポイント・グローバル(モルガン・スタンレー)が幹事を務めるシリーズHファンディングは、データブリックスの資金調達後に関する企業価値を380億ドルと評価。カウンターポイント・グローバルには新たな投資家としてベイリーギフォード、クリアブリッジ、UC Investments(カリフォルニア大学理事会の最高投資責任者室)が加わっているという。

 また、レイクハウスのグローバル展開を加速させるため同社は、Salesforceの元エグゼクティブであるAndy Kofoid氏をグローバルフィールドオペレーションズ担当プレジデントに任命したとしている。

 同共同創業者兼CEOのアリ・ゴディシ氏は、「今回の新たな投資は、データブリックスのレイクハウス・プラットフォームに対する急速な導入とお客様からの驚異的な需要を反映したものです。また、レイクハウスが未来のデータアーキテクチャであるという当社のビジョンに対する、企業や投資家からの信頼を裏付けるものでもあります。この投資は、当社がイノベーションのペースを加速させ、レイクハウスを導入しようとしているデータドリブン型組織の成功にさらに投資することができるという、興味深い新たな展開を示しています」と述べている。

【関連記事】
ウイングアーク1stとジール、データブリックスが製造業のAI活用を推進するソリューション開発に合意
Databricks、Google Cloud上でレイクハウスの構築が可能に
Qlik、Databricksとの戦略的パートナーシップを拡大 SQL Analyticsと統合

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14889 2021/09/01 17:33

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング