SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

東芝デジタルソリューションズとNTT、大容量/低遅延光トランスポートネットワークの動作検証に成功

 東芝デジタルソリューションズは、量子鍵配送(Quantum Key Distribution:以下、QKD)と耐量子計算機暗号(Post Quantum Cryptography:以下、PQC)を組み合わせた、大容量・低遅延光トランスポートネットワークの実装と動作検証に成功したことを発表した。

図1:検証システムの構成
図1:検証システムの構成
[画像クリックで拡大]

 東芝デジタルソリューションズは、日本電信電話(以下、NTT)と共同で、量子計算機に対しても安全な「IOWNセキュア光トランスポートネットワーク」を支える技術として、東芝デジタルソリューションズが持つQKDとNTTが持つPQCの2種類の技術を組み合わせ、柔軟かつ拡張性に富む暗号鍵配送システムの検証を行ったという。複数の鍵共有方式を組み合わせて利用できるxKDという新たな構成を導入することで、QKDにより共有された量子鍵が、PQCにより高い安全性をもって光伝送装置に渡されるとしている。また本検証では、xKDのインターフェースに、ETSI GS QKD 014のAPIを適用しているという。

 このような構成により、光トランスポートネットワークは、QKDとPQCをそれぞれ個別に実装する必要なく、安全に共有鍵を利用することができるとしている。さらに、このシステムが、8K非圧縮映像のリアルタイム暗号化伝送に適用できることも検証。これにより、大容量かつ低遅延が求められるような厳しいユースケースにおいてもセキュアな通信が可能であることを確認することができたという。

【関連記事】
東芝デジタルソリューションズと長崎市、ブロックチェーンを活用した契約事務のデジタル化を目指す
東芝デジタルソリューションズとウイングアーク1st、サービス連携で製造現場のDXを後押し
NTTとNEC、サプライチェーンセキュリティリスクへの対策技術を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15176 2021/11/05 16:46

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング