SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

工場・プラントなど産業系システムのセキュリティ強化を!『現場で役立つOTの仕組みとセキュリティ』発売

 工場やプラントなど機械設備や生産工程を監視・制御するためのハードウェアとソフトウェアに関する技術であるOT(Operational Technology)。近年ではオープン化が進み、コスト削減や利便性から社内ネットワークなどに接続されることが増え、ITシステムと同様にサイバー攻撃の標的になる可能性が非常に高まっています。

 社内のITエンジニアがセキュリティ担当になるケースもありますが、ITとOTでは同じ技術を使っていてもセキュリティに関しては異なる点が多く、OTならではの手法を学ぶ必要があります。

 EnterpriseZineを運営する翔泳社では、その知識の基礎を学べる『現場で役立つOTの仕組みとセキュリティ 演習で学ぶ!わかる!リスク分析と対策』を12月8日(水)に発売しました。

 本書では産業サイバーセキュリティコンサルタントとして活躍する福田敏博さんが、工場ハッキングの疑似体験などの演習を通して「そもそもOTとは?」という基本的な仕組みから、通信解析・ネットワーク監視といったセキュリティ手法まで、経験に基づいたノウハウを解説しています。

 セキュリティ担当者はもちろん、ベンダーでOT領域を担当することになった方など、OTセキュリティを詳しく知る必要のあるすべての方に役立つ解説本です。

目次

第1章 OTのセキュリティが危ない
第2章 OTの基礎知識
第3章 OTを使ってみる
第4章 セキュリティ侵害を知る
第5章 工場ハッキングを疑似体験
第6章 セキュリティ対策の進め方
第7章 リスクアセスメントの演習
第8章 関連規格とガイドライン

現場で役立つOTの仕組みとセキュリティ

Amazon SEshop その他


現場で役立つOTの仕組みとセキュリティ
演習で学ぶ!わかる!リスク分析と対策

著者:福田敏博
発売日:2021年12月8日(水)
定価:3,300円(本体3,000円+税10%)

本書について

OT(Operational Technology)は24時間365日稼働しているものが多く、実機で試すことができません。そこで本書では、図解とソフトウェアを使用した演習を通してOTののセキュリティ対策を理解できるよう構成しています。

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15262 2021/12/08 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング