SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SailPointテクノロジーズジャパン、東京にサービス提供基盤を構築

 SailPointテクノロジーズジャパンは、Amazon Web Service(AWS)データセンターの東京リージョンを活用し、国内にサービス提供基盤構築を発表した。

 SailPointの提供リージョンはフランクフルト、ロンドン、モントリオール、シドニーのほか、米国2都市にあり、東京は7番目だとしている。今回の国内でのサービス基盤構築は、米SailPointが提供するクラウド型アイデンティティ・セキュリティに対する世界的なニーズ拡大への対応、および顧客企業のデータレジデンシー要件の達成サポートが目的だという。

 同社長 兼 本社バイスプレジデントの藤本寛氏は、「昨年、日本での事業を開始して以来、顧客需要は増加の一途をたどっています。お客様にご満足いただけ、ビジネスの成功をサポートできるサービスを提供するためには、クラウドインフラストラクチャの最適化が欠かせません。東京リージョンでの新たなサービス基盤構築により、これを達成し、SailPointのアイデンティティ・セキュリティを国内で保持することが可能となります。私共は、ビジネスの成長と進化に合わせ、日本や世界の顧客企業に対し、デジタルガバナンスを強化する基盤となる次世代のアイデンティティ・セキュリティソリューションを提供していきます」と述べている。

【関連記事】
SailPoint、SaaSアプリケーションの可視化と一元管理を支援する新機能を追加
インシデントの主要因はデジタルアイデンティティに【SailPoint調査】
DatadogとAWS、グローバルな戦略的パートナーシップを発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15513 2022/01/29 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング