SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SAPジャパン、2021年業績は「コンカー」の伸長などでグローバル比2倍の成長率で着地

 SAPジャパンは2月16日、2022年のビジネス戦略について同代表取締役社長 鈴木洋史氏が記者会見を行った。

 会見の冒頭に、2021年のSAPの業績を振り返った。グローバルでの総売り上げは2020年比3%増の278.42億ユーロ、営業利益は同比1%増の82.3億ユーロで、クラウドビジネスが大きく伸長したという。SAPジャパンではグローバルの伸び率の2倍となる前年比6%増を達成し、総売り上げは約13.8億ユーロ(1,770億円)だったとしている。鈴木社長は2021年を振り返り、グローバルでの「RISE with SAP」提供開始や、リモートワークやペーパーレス推進による「Concur」の躍進があったという。

画像クリックで拡大

画像クリックで拡大

 続いて、2022年企業が直面する課題へのアクションとして次の3つを挙げた。第一に「ビジネス変革」。従業員がより付加価値の高い業務に注力できるように、継続的なビジネスの変革は不可欠だと訴えた。第二に「サプライチェーンの強化」。多くの企業がサプライチェーンの危機に直面した傾向は2022年も続くとして、リアルタイムで可視化し、企業同士をつなぐ必要があるという。第三に「サスティナビリティ実現」だとし、ビジネスプロセスに組み込むことでESG経営が実現できるとしている。

 以上を踏まえ、鈴木氏は2022年の同社の方針として「SAPはグローバルでトップクラウドカンパニーとして、お客様をインテリジェントでサスティナブルな企業へ変革する支援をしていくことを、最も重要な柱として掲げています」と述べた。

 具体的に日本では「クラウドカンパニーへのさらなる深化によってお客様の成功に寄与すること」「社会課題解決を通じて、お客様、パートナー様、そして社員から選ばれる会社となること」「お客様をサステナブルな企業へ変革する支援をすること~1億人へのインパクト」という3つの施策を掲げている。

aa

SAPジャパン 代表取締役社長 鈴木洋史氏

 2022年は、昨年から提供開始した「RISE with SAP」が大きな役割を果たすという。同社は、顧客への支援をより確かなものとするため、導入から利活用支援までを一貫して行う「クラウドサクセスサービス部門」をグローバルで新設。SAPジャパンでは約600人の体制になったとしている。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 また、同社は国内企業の99.7%を占める中堅・中小企業への販売体制を拡充。人手不足の課題に直面している企業に向けてデジタル化の支援を強化するという。具体的に年商800億円未満の企業に対しては、100%パートナー企業による間接販売を推進するとしている。

 さらに、同社は2022年1月1日に人事制度を改訂し、従業員の勤務地や勤務時間、働く場所の柔軟性を実現する取り組みを開始したと明かした。1月6日に大阪オフィスをリノベーションしたほか、2021年4月に大手町に移転した東京本社に2022年4月からコンカーのオフィスも合流するという。

【関連記事】
富士通、7万人の従業員を対象にコンカー導入 カルチャー変革を推進へ
IBMとSAPが「RISE with SAP」における連携を強化
大和証券、社員9,000人を対象にコンカーを採用 税制改正大網の要件緩和が後押し

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

小山 奨太(編集部)(コヤマ ショウタ)

EnterpriseZine編集部所属。製造小売業の情報システム部門で運用保守、DX推進などを経験。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15586 2022/02/17 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング