EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ソフトバンクとキンドリルが戦略的協業 製造業などのDXをワンストップ支援

  2022/02/22 14:00

 ソフトバンクとキンドリルジャパン(以下、キンドリル)は、クラウドや5G、IoTなどの分野で戦略的協業を開始したと発表した。

 両社は、ソフトバンクが「マルチクラウド戦略」のもとで提供する各種パブリッククラウドやセキュリティーサービス、通信ネットワーク、MSP(Managed Service Provider)サービスなどのソリューションと、キンドリルが持つシステム運用に関するコンサルティングや構築・運用の技術力、グローバルで培った実績を生かして連携する。製造業や金融業をはじめ、クラウドへの移行やITインフラの刷新を検討している企業・団体のDXをワンストップで支援するという。

 また、5GやIoT、AIなどの最先端テクノロジーを活用した、製造業における運用業務の可視化ソリューションなど、デジタル化のニーズが高い業界に向けた特化型のソリューション開発についても共同で取り組んでいくとしている。

 今後は「ソフトバンク5Gコンソーシアム」の参画企業・団体とも連携し、製造業を中心としたDXの推進に向けた取り組みも行う予定だという。

協業による提案例

  • 金融業:テレワークによる社員の働き方改革を実現するため、キンドリルによるITコンサルティングやITインフラの設計・構築・運用のもと、ソフトバンクによる「Microsoft 365」の導入サポートやセキュリティーサービスを組み合わせて提案

  • 非鉄金属業:老朽化したシステム基盤をハイブリッドクラウド環境へ移行することを目指し、ソフトバンクのMSPサービスと、キンドリルによるITコンサルティングシステム設計を組み合わせて提案

  • 製造業:工場内の生産設備や制御システム、ロボットなどを連動させてデータの可視化や生産性の向上を図る「スマート工場」の実現に向けて、ソフトバンクの「プライベート5G」を活用して工場内に専用のネットワークを構築するとともに、キンドリルが工場内のITシステム全体の設計・構築を提案

【関連記事】
ソフトバンク、仮想化されたプライベート5G商用化に向けNVIDIAと研究施設の開設に合意
デル・テクノロジーズ、ソフトバンク設立の5Gコンソーシアムへ参画
キンドリルとソルクシーズが金融業界向けのDX推進で協業

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5