EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

LVMHジャパンとソフトバンクが提携 VRや5G活用し顧客体験を向上

  2022/02/28 15:30

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン・ジャパン(以下、LVMHジャパン)とソフトバンクは、テクノロジーを活用してラグジュアリーブランドの顧客体験およびサービス向上することを目的に、2月22日に戦略的パートナーシップ契約を締結した。

 両社は、LVMHが誇る伝統や創造性、クオリティーに、ソフトバンクが持つ最先端のテクノロジーやデジタル化のノウハウを組み合わせることで、革新的な顧客体験の創出とDXを推進し、今後の事業環境の変化に対応していくとしている。

具体的な実施・検討項目

  • VR/5G技術を活用して、新たな体験とブランドストーリーを提供:5Gを利用して、店舗にいながらVR空間で工房の職人とリアルタイムにコミュニケーションを行うことで、商品の製作過程を体験したり、ブランドの歴史や世界観をリアルに享受したりするなど、革新的な顧客体験の創出に向けた施策について具体的な検討を進めるという
  • 「LINE」を活用した顧客とのコミュニケーション:LVMHジャパンは、複数のブランドにおいて、ソフトバンクのグループ企業であるLINEが提供するアプリ「LINE」の公式アカウントを作成し、顧客とのコミュニケーションのデジタル化を進めるとしている。今後は、この取り組みをさらに推進し、各ブランドがLINEの公式アカウントの機能を活用して、新たなデータ・マーケティング施策の導入を検討する
  • タブレットによるキャッシュレス決済への対応:LVMHジャパンは、2018年に、ソフトバンクのグループ企業であるSBペイメントサービスが提供する決済サービスアプリを導入。これにより、中国のQRコード決済サービスに対応するとともに、タブレットを使った場所にとらわれない決済手続きが可能になり、スムーズな購買体験の実現と売り上げの拡大につながったという。今後は幅広いQRコード決済サービスへの対応を検討して、キャッシュレス決済の選択肢を増やし、スムーズで快適な購買体験の実現を目指すという

【関連記事】
ソフトバンクとキンドリルが戦略的協業 製造業などのDXをワンストップ支援
アイリスオーヤマとソフトバンクロボティクスグループ、ロボット市場で業務提携
ソフトバンク、仮想化されたプライベート5G商用化に向けNVIDIAと研究施設の開設に合意

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5