SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

自然な日本語でウイルス感染 IPAがEmotet被害急増に注意喚起

 独立行政法人情報処理推進機構(以下、IPA)は3月9日、昨年より猛威を振るうマルウェア「Emotet」が先月2月から3月にかけて、日本国内への感染被害が大幅に拡大していることから注意喚起を行っている。

 IPAの情報セキュリティー安心相談窓口では、わずか3月1日~8日のあいだに323件もの相談を受けているという。これは先月同時期(2月1日~8日)のおよそ7倍にも及ぶとのこと。

 またJPCERT/CCも、Emotetに感染し、メール送信に悪用され得る「.jpメールアドレス」の数が2020年ピーク時の約5倍以上に急増。

 IPAによれば、3月4日頃に以下のような日本語で書かれた、新たなEmotetの攻撃メールが確認されている。

[画像クリックで拡大]

 自然な日本語で書かれており、添付されているExcelファイルは悪意のあるマクロが仕掛けられている。メール受信者に対応を促すことで添付ファイルを開かせ、利用者に「コンテンツの有効化」ボタンをクリックさせることでウイルスに感染させる仕組みだという。

 IPAは改めて、Emotetの攻撃メールへの警戒を高めるとともに、周知対策を徹底するよう促している。

【関連記事】
猛威を奮ったEmotet再び セキュリティ連盟、サイバー攻撃の急増に注意喚起
拡大する脅威「Emotet」への対策と2020年の脅威予測
自己拡散するバンキングマルウェアEmotetを国内で確認――キヤノンITSが11月のマルウェアレポートを公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15681 2022/03/10 15:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング