SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

オラクルが「Java 18」提供開始、9つのJDK Enhancement Proposalsで改良

 米現地時間3月22日、オラクルは「Java 18」の提供を開始したことを発表した。

 最新のJava Development Kit(JDK)では、9つのJDK Enhancement Proposals(JEPs)によるアップデートと改良が行われているという。これらの改良は、APIドキュメントへのサンプル・ソース・コードの追加を容易にする「Java API Documentation(JEP 413)」にコード・スニペットを追加する機能、およびプロトタイピングとテストのためのシンプルな「Simple Web Server(JEP 408)」を含むとしている。

 開発者は、「Vector API(JEP 417)」と「Foreign Function and Memory API(JEP 419)」2つのインキュベーション・モジュールを検討できるほか、Switchの「パターン・マッチング(JEP 420)」のプレビュー機能も実装しているという。

「Java 18」における主要な変更点

ライブラリの更新と改善
  • JEP 400:UTF-8(デフォルト)標準Java APIのデフォルトの文字セットとしてUTF-8を設定。この変更により、デフォルトの文字セットに依存するAPIは、すべての実装、オペレーティング・システム、ロケール、および構成において、一貫して動作する
  • JEP 408:Simple Web Server 静的ファイルのみを提供する最小限のWebサーバーを起動するためのコマンドライン・ツールおよびAPI。このツールは、特に教育現場でのプロトタイピング、アドホック・コーディング、およびテストに役立つという
  • JEP 416:メソッド・ハンドルによるCore Reflectionの再実装 java.lang.invokeメソッド・ハンドル上にjava.lang.reflect.Method、Constructor、およびFieldを再実装するもの。メソッド・ハンドルをReflectionの基盤となるメカニズムとすることで、java.lang.reflectとjava.lang.invoke APIの両方のメンテナンスと開発コストを削減することができる
  • JEP 418:インターネット・アドレス解決SPI ホスト名とアドレス解決のためのサービス・プロバイダ・インタフェース(SPI)を定義。java.net.InetAddressが、プラットフォームの組み込みリゾルバ以外のリゾルバを利用できるようにする
ツール
  • JEP 413:Java APIドキュメントのEPコード・スニペット JavaDocのStandard Docletに@snippetタグを導入。APIドキュメントへのサンプル・ソース・コードの書き込みを簡素化する
後続のJDKリリースに向けたプレビューとインキュベータ
  • JEP 417:Vector API(第3インキュベータ)スケーラブルなベクトル拡張を提供するCPUアーキテクチャを確実に活用するための、開発者向けAPI。非拡張型プロセッサでの同等の計算と比較しても、性能を発揮するという
  • JEP 419:外部関数・メモリAPI(第3インキュベータ)Javaプログラムが、Javaランタイム外のコードやデータと相互運用できるようにするもの。APIは、外部関数(JVM外のコード)を呼び出し、外部メモリ(JVMによって管理されていないメモリ)にセキュアにアクセスすることで、JNIの脆弱性や隠れた危険に煩わされることなく、Javaプログラムによるネイティブ・ライブラリの呼び出しやネイティブ・データの処理を可能にする
  • JEP 420:Switchのパターン・マッチング(第2プレビュー)Javaプログラミング言語において、switch式やステートメントに対するパターン・マッチングを、パターン言語の拡張とともに強化。パターン・マッチングをswitchに拡張することで、特定のアクションをともなう複数のパターンに対して式をテストできるため、複雑なデータ指向のクエリを簡潔かつセキュアに表現できるという
将来に対応したJavaプログラム
  • JEP 421:ファイナライズを非推奨とし削除に備える ファイナライズは、現時点ではデフォルトで有効になっているが、テストを容易にするために無効にできる。将来のリリースでは、デフォルトで無効化され、さらに後のリリースでは削除される予定。ファイナライズに依存しているライブラリやアプリケーションの管理者は、try-with-resourcesステートメントやクリーナーなどの、他のリソース管理技術への移行を検討する必要があるという。
Javaのサポート

 Oracle Java SE Subscriptionは、従量制のサービスでサポート、GraalVM Enterpriseへのアクセス、Java Management Serviceへのアクセス、およびビジネスのペースに合わせたアップグレードを提供。これにより、IT部門は複雑性を管理し、コストを抑制し、セキュリティ・リスクを軽減することができるとしている

【関連記事】
ウエルシア薬局、全国店舗基幹システムにオラクルクラウドを採用
パナソニックがオラクルのクラウドERPを導入へ 独自改革の「PX」を推進
ファイントゥデイ資生堂がオラクルのクラウドERPを採用 グローバルでの事業拡大へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15749 2022/03/23 18:33

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング