EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

トヨタ自動車とScalar、Azure上に知財プラットフォーム構築 改ざん検知で電子データの証拠保全

  2022/04/05 12:40

 トヨタ自動車は、Scalarと、知財DXプラットフォーム「Proof Chain of Evidence(PCE)」をMicrosoft Azure上に構築し、試験運用を開始した。

 今回開発したPCEは、Scalarが提供する分散型台帳ソフトウェア「Scalar DL」の改ざん検知機能を利用して、電子データの証拠保全を行うシステム。記録した電子データに対して、以下の証明を行うという。

  • 電子データがいつ存在していたのか(WHEN)
  • 電子データがどの順序で存在していたのか(SEQUENCE)
  • 電子データが存在していた時点から、これまで改ざんされていないのか(WHAT)
  • 上記について10年を越えて証明する(LONG-TERM)

 さらに、このScalar DL自体が改ざんされていないことを証明するために、Scalar DLの証拠に対して、各国の裁判所が認めるトラストサービスを用いて、定期的にタイムスタンプを付与。PCEでは、上記の情報を日本、中国、欧州、米国で、裁判の証拠として提出できる形で保全するという。

 また、同システムはMicrosoft Azure上に構築。そのため、今回導入したトヨタ自動車の既存のデータ保管システムをそのまま利用しつつ、PCEと統合して運用できるという。合わせてMicrosoft Azureが提供するマネージドサービスを利用することで、認証基盤との連携や、データのバックアップ、リカバリも可能だとしている。

 トヨタ自動車は、PCEの最初のユースケースとして、発明に対する先使用権の証明のための電子データの保全から取り組み始めているという。次の段階では、外部企業と共同研究開発を行う際に問題となる、ノウハウを含む知財のコンタミネーション(複数の企業の知財が混ざってしまい、どちらの知財なのかがわからなくなる状態)の回避に利用予定だとしている。

 今後3社は、トヨタ自動車のグループ企業や取引先企業にも同システムを展開するという。

【関連記事】
企業の7割以上がテレワークと電子契約を導入 JIPDECとITRが調査結果を発表
紙の契約書、3割が「実印は不使用」と回答――クラウド型電子署名サービス協議会調べ
Sansan、電子契約サービスを本格始動 7社と提携し契約書を一元管理も

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5