EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Salesforce、スタッフサービス・エンジニアリングに研修を提供 23年までに資格認定を50人に

  2022/05/11 18:55

 スタッフサービス・エンジニアリングは、セールスフォース・ジャパン(以下、Salesforce)と4月26日からパートナー契約を締結し、DX人材の育成を強化した。

 スタッフサービス・エンジニアリングは技術者・ITエンジニア派遣の人材派遣・人材紹介を行っている。今回のパートナー契約により、同社は、常用型派遣のエンジニアを対象に、CRM(顧客関係管理)システム管理者の認定資格「Salesforce認定アドミニストレーター」の合格を目的としたe-ラーニング研修プログラムの提供と、資格認定者に奨励金を支給する。研修プログラムは、Salesforceが提供し、エンジニア向けのオリジナル動画学習コンテンツなど、効果的な学習を支援するという。

 受講者の募集は5月11日から開始。スタッフサービス・エンジニアリングは、2023年12月までに50人の資格認定を目指すとしている。

【関連記事】
国内企業のIT管理職7割、2025年までにIT資格を積極的に ガートナーが予測
三菱UFJ銀行やSalesforceなど4社、法人ビジネスプラットフォーム提供に向けて連携へ
花王、DX推進のため「Salesforce Consumer Goods Cloud」を本格稼働

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5