SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Contentsquare、日本法人設立で顧客体験分析プラットフォーム市場での拡大を目指す

 5月23日、Contentsquareが2022年4月に設立した日本法人コンテントスクエア・ジャパンが記者説明会を開催した。

 Contentsquare CEOのジョナサン・チェルキ氏は、「2021年は当社にとって大きな1年でしたが、本年はさらに飛躍する年となることでしょう。日本はとてもユニークな市場であり、パートナーやクライアントの皆さまから多くのことを学べることを楽しみにしています」とコメント寄せた。

 オンラインの顧客体験分析の市場リーダーである同社は2012年にパリで設立。現在はニューヨークに本社を構えているという。従業員1,400名のうち3分の1が研究開発のメンバーだとしており、10兆以上の行動データを基にしたソリューション提供を目指している。

コンテントスクエア・ジャパン カントリーマネージャー 伊奈憲一郎氏

コンテントスクエア・ジャパン カントリーマネージャー 伊奈憲一郎氏

 昨年5月には、ソフトバンクグループ傘下の投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド2(SVF2)から5億ドルの資金調達を実施。過去2年間にClicktaleやHotjarなど6件の買収を実施している。日本では、eコマースや金融業をはじめ、製造/通信業など多様な業種で利用されているという。

 また、ソリュ―ションとして5つのコンポーネントを用意。日本市場に関しては、モバイルアプリケーションに関する適切な顧客体験分析ツールがないことから「CS Apps」のニーズが大きいとした。さらに、業界初となる「クッキーレス分析プラットフォーム」の提供など、日本市場における展開を推進するとしている。

【関連記事】
SAS、オムニチャネル・マーケティングのための新コンセプトを実装したソリューション
2021年度のサイバーセキュリティ動向 キヤノンマーケティングジャパンが発表
IBM、Adobe Workfrontコンサルティング事業の買収でマーケティング業務のDXを支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16029 2022/05/23 22:04

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング