SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本のサイバーいじめは10ヵ国中最少か マカフィーが親子におけるデバイス利用状況の調査結果を発表

 マカフィーは、「2022年度 McAfee Connected Family Study (ネット接続している家族に関するグローバル調査)」の調査結果を発表した。これは、世界10ヵ国の親15,500人とその子供12,000人以上を対象に行ったもの。

 調査によれば、日本の子供のIoTデバイス利用は全体的に低い水準にあり、特にデスクトップ/ノート PCは31%(海外52%)、タブレット29%(海外42%)と利用率の低さが顕著だ。もっとも、携帯77%(海外82%)とゲーム機49%(海外52%)の利用率については目立った差はなく、 その差は5%以内に収まった。

 また、子供のモバイルデバイスで実装しているセキュリティ対策については、パスワード保護をしている親は33%(海外42%)、閲覧履歴とメール履歴の確認が9%(海外32%)と、大きな差が見受けられる。 

 なお日本では子供のスマホ利用率は10代なかばで高くなっているものの、10~14歳の子供では他国と比べ、利用率は低い傾向だ。マカフィーによれば、デバイス利用率の低さはオンラインのリスクに関する経験の少なさとも一致し、日本は10ヵ国のなかでサイバーいじめの経験が最も少ない結果が出ているという。

 マカフィー日本・アジア地域チャネルマーケティング本部長の青木大知氏は、日本は海外と比べ、インターネット利用の安全性が比較的安全なものと捉える傾向があるとしており、さらに潜在的なセキュリティリスクをあまり感じていないことによる、保護対策の遅れが垣間見えるとのことだ。

【関連記事】
マカフィー、Ryukの戦略的運用に関する新たな調査結果を発表
新たな手口による請求詐欺も復活【マカフィー モバイル脅威レポート 2021】
米国でも3人に2人が脅威を懸念【マカフィー 消費者のセキュリティ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16102 2022/06/06 16:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング