SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ガートナー、事業成長に必須なデジタル人材が持つべき3要素を発表

 ガートナージャパンは6月16日、ビジネス成長を加速させるにあたって、ITリーダーはコンポーザブル・アプリケーションへの変革を推進することが重要という見解を発表した。

 同社が2021年に実施した調査では、CEOの最優先課題として「ビジネス成長」、CIOの最優先課題に「変化対応」が挙げられているという。

 同社アナリストの飯島公彦氏によれば、テクノロジーはビジネス自体を実現するものであり、もはや効率だけを求めるものではないとのこと。そこで重要なものがデジタル人材の確保であり、同社ではそのデジタル人材に必要となる3つの能力を挙げている。

  • 新しい発想でビジネスをデザインする能力
  • 新しいビジネスにあうようにテクノロジーをデザインする能力
  • ビジネスとITをつなぐ橋渡し能力

 特に橋渡し能力は、チームの構成を変え、チームとして発揮できる能力を拡張する上で不可欠だという。

 もっとも、「望む人材を確保できない」ことが最新テクノロジーの適用における最大の障壁にもなっていることから、その対策として同社はビジネス・テクノロジストとフュージョン・チーム (多分野混成チーム)の展開を推奨している。飯島氏は、ITのプロ、特にソフトウェア・エンジニアリング・リーダーは、ビジネスとITをつなぐフュージョン・チームをリードし、ビジネス・テクノロジストとともに、テクノロジーを戦略的に活用していく必要があるとのことだ。

【関連記事】
DX加速のためにイン/アウトソーシング戦略の検討を ガートナーが400社に動向を調査
企業の4割、管理系ツール導入で生産性低下か ガートナーがコロナ以降のハイブリッドワーク展望を発表
CIOがデジタルビジネスで注力すべき3つの観点 ガートナーが発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16176 2022/06/17 15:55

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング