SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

AI inside、実践型AI人材育成プログラムを提供開始 リスキリングを通じた支援でビジネス創出

 AI insideは、実践型AI人材育成プログラム「AI Growth Program」の提供開始を発表した。

 「AI Growth Program」は、AI insideがサービス提供を通じて培ってきた技術やノウハウをもとに、AIビジネス経験のある講師からAI活用やAI事業立ち上げを学べるプログラムだ。

 あらゆる企業・団体の各部門における業務担当者や、DX推進者・経営企画担当者など全社員を対象に、ビジネス領域でAIを活用できる人材の育成を目的としている。

 プログラムはLv.1〜5までに分かれており、講義や実践的なワークショップなどを通じて、現場での課題発掘・整理、具体的なAI活用策の策定、開発・運用ができるレベルのスキル習得を目指す。

 Lv.4以上の実証実験とAI内製化プロジェクトでは、ノーコードで誰でもAI開発・運用ができる「Learning Center Vision」と「Learning Center Forecast」を用いて、AI事業の立ち上げを伴走支援するとのこと。

 同社は、本プログラムを通じたAI人材の輩出により、企業・団体のビジネス変革の支援だけでなく、持続可能な未来社会の実現を目指すとしている。

【関連記事】
米Databricks、「Data + AI Summit」をサンフランシスコで開催 対面は3年ぶり
AIを競争優位性につなげられている企業は12%に留まる──アクセンチュア調査
AI insideと東北大が連携協定締結 AIやデータサイエンティストの人材育成や研究推進を目指す
芝浦機械とマクニカ、熟練技能者の「匠の技」をAIによる実現目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16238 2022/07/01 16:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング