SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

東急・東急電鉄、経理業務に「ServiceNow」を導入 NTTデータが導入支援

 NTTデータは、東急および東急電鉄に対し、ServiceNowを活用したタスク・ワークフロー管理サービスを7月4日より提供開始した。

 NTTデータは次の4つを重点事項とし、課題解決を図るための新業務をデザインするコンサルティングサービスおよびソリューションの導入サービスを提供したという。

  1. 網羅的なタスクの可視化
  2. 業務効率化
  3. ペーパレス化・電子帳簿保存対応
  4. 高い拡張性・保守性

 また、ソリューション導入の提案においては、東急連結各社の将来的なDX基盤にすることを念頭に、従業員と企業の双方向に優れたユーザー体験を提供し続ける拡張性を重視し、クラウド型プラットフォームとソリューションであるServiceNowを選定。同サービスにより、東急および東急電鉄の経理財務部門では、事業部門からの決算情報等の定型報告や問い合わせ等の各種タスクを一元的に可視化するという。さらに、業務のペーパレス化、電子帳簿保存にも対応している。

サービス概要
サービス概要

 NTTデータは今後、業務領域の拡大と東急連結各社への導入を目指しているという。特に業務領域の拡大については2022年10月のサービス開始に向けて、FAQ化機能、事業部門ユーザーによるノウハウ検索機能、決算プラットフォーム機能の追加開発を進めている。

【関連記事】
DenodoとNTTデータがパートナー契約を締結 新規拡大に向けて協業
オンライン会議の音質は疲労感や生産性に影響 NTTデータ経営研究所が共同調査結果を発表
NTTデータ、液体中でサーバーなどのICT機器を直接冷却 必要エネルギーを最大97%削減

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16302 2022/07/12 12:50

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング