SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC通信システム、1台の3Dセンサーで効率的かつ低コストで積載量を可視化するソフトウェアを提供開始

 NEC通信システムは、3Dセンサーを活用した「NEC 3次元積載量可視化ソフトウェア」の提供開始を発表した。

 物流業界ではEC需要拡大による小口配送数が年々増加し年間40億個に達する一方、トラックドライバーなど慢性的な人手不足が課題となっているという。また、トラック配送時の平均積載量は約40%と言われ、リソースを有効活用できていない問題もあるとのこと。

 そこで本ソフトウェアでは、3D深度(距離)情報を取得可能な3Dセンサーを用いて貨物コンテナや倉庫などの荷物量を遠隔・非接触で計測する。これにより貨物コンテナ内の積載状況を可視化・数値化し効率的な運行管理を行う。さらに倉庫内の空きスペースを定量的に把握し、効率的な在庫管理が可能となるという。

 1台のセンサーで対象物の3D深度(距離)情報を取得することができ、低コストで積載量を可視化。センサー位置についても貨物荷降ろしをするバースなどに固定して設置するほか、倉庫内やトラック、航空機、船舶等のコンテナ内部に設置して利用することが可能だ。

 今後同社では、NEC3次元積載量可視化ソフトウェアを応用し、トラックコンテナや倉庫内の積載量可視化だけでなく、空きスペース検出や積荷のガイダンスなど、様々なシチュエーションで活用できるよう機能拡張を予定している。

【関連記事】
NEC、行政デジタル化に向け「官庁・自治体向けクラウド統制運用プラットフォーム」を22年度中に提供
NECと高専機構、デジタル技術を担うエンジニア育成に向けサイバーセキュリティ分野で連携
NEC、日米間で最大規模の光海底ケーブル供給契約の締結を発表 2024年末完成予定

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16404 2022/07/29 18:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング