SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

食品トレー容器のエフピコ、グループ30社の会計システムに「Oracle Cloud ERP」を導入

 日本オラクルは8月2日、食品トレー容器のエフピコがグループ30社において、業務の集中管理とデータ統合による業務効率を推進する会計システムに「Oracle Fusion Cloud Enterprise Resource Planning(以下、Oracle Cloud ERP)」を採用したと発表した。

 エフピコはこれまで、全社を通して生産、物流、バックオフィスなどあらゆる部門での合理化の取り組みを推進してきた。Oracle Cloud ERPの採用により、ペーパーレス化を推進し、電子帳簿保存法やその他法改正への迅速な対応と効率的な決算財務報告プロセスを実現。システム課題に起因して生じた工数や社員のミスにつながるマニュアル作業を減らすことで、従業員の働き方の向上も期待できるとしている。

 システムのコスト面においては、アドオンやインターフェース開発での費用を抑制し、保守・運用コストの低減を実現するという。Oracle Cloud ERPの特徴であるシングル・データモデルにより、管理項目を付加した多軸のデータ分析が自動化できるなど、ビジネス・プロセスと経営管理をデジタル化。データドリブンな経営リソースの最適化を実現できる会計システムを構築するとしている。

【関連記事】
日本オラクル、厚労省など「3省2ガイドライン」に対応したOCLのセキュリティ・リファレンスを公開
日本オラクル、シミックがArgus Cloud Serviceを採用と発表 希望製薬会社にレンタルも
日本オラクル、2023年度事業戦略を発表 ITコスト構造の変革へ寄与

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16418 2022/08/03 11:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング