SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ヤマト運輸、社内「データコンシェルジュ」業務にServiceNowの「ITSM」導入を発表

 ServiceNow Japanは、ヤマト運輸が社内のデータ問い合わせ窓口「データコンシェルジュ」業務で、新たに「IT Service Management(以下、ITSM)」を採用したことを発表した。

 これにより、ヤマト運輸はデータサイエンティストが必要とするデータの問い合わせ業務を効率化し、より短納期で多くのデータを提供する仕組みを実現するという。

 ヤマト運輸は、ヤマトグループが有するあらゆるデータを収集・統合し、クレンジングして使える状態に整理するデータマネジメント体制を構築。データサイエンティストが必要とするデータを迅速に提供する、社内のデータ問い合わせ窓口「データコンシェルジュ」を設けている。

 このデータコンシェルジュは、データサイエンティストからリクエストされるデータを既に整理されているデータカタログのどこにあるかをアドバイスする。しかし、整理しきれていないデータについては、複数のコミュニケーションツールや電子メールを活用し、必要なデータの有無を担当者に問い合わせるなどの工程が発生し、データ納期に時間を要していたという。

 そこで既にクラウド運用や構成管理で活用していたITSMをデータコンシェルジュでも採用。これにより、データコンシェルジュが対応できる一ヵ月のデータ件数が1.5倍に増え、データ納期も約1ヵ月から約2週間に短縮できるようになったとのこと。

 同社は今後、蓄積されたナレッジからデータサイエンティストが自ら検索して必要なデータを探し出せる仕組みの整備・検討を行うとしている。

【関連記事】
東急・東急電鉄、経理業務に「ServiceNow」を導入 NTTデータが導入支援
ServiceNowが日本リスキリングコンソーシアム参加を発表 官民一体でデジタル人材育成を目指す
ServiceNow Japan、調達業務を自動化し可視化するソリューションを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16423 2022/08/05 20:07

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング